FC2ブログ

のんびりバセドウ日記

バセドウ病で甲状腺全摘出した私の日常をのんびり綴るブログ 時々波乱万丈 時々ねこ
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ にゃんず
CATEGORY ≫ にゃんず
       次ページ ≫

葉月とにゃんずの夏

ある暑い夏の日、葉月は蚊に刺されました。
すんごい痒いので見てみたら…なんと、ハート型(*´∀`*)
会社でもよく笑いが取れました(爆)
ハート型蚊に刺され
↑だからって、嬉しくないです。しばらく、めちゃくちゃ痒かったです(泣)

去年の夏のミレイ。
去年のミレイ
↑なんだか、この写真は特に童顔(笑)

今年の夏のミレイ。(♀/2歳2ヶ月)
今年のミレイ
↑むぎゅっと寝てばっかり~。何故か最近私に甘えてくる率が高いです。

スポンサーサイト



みれりおん

最近のにゃんずの近況を書き書き~。

去年12月に、ミレイのワクチンを打ちに行きまして、
ついでにりおんも連れて行って、健康チェックをしてもらいました。

なんと体重が、ミレイ(♀/約1歳6ヶ月)が3.8キロ、
りおんが(♂/約1歳3ヶ月)3.7キロ!大きくなったねぇ!!

毎日寒いので、毛布をひざ掛けにしてテレビ見てると、
みれりおんのどっちかが入ってきます。
でも決して一緒には入らない(爆)

こんな感じで。

もぐりこみりおん
↑甘えん坊俺様りおん君。グレーのものは私の足です…(恥)爪たてないでっ!

もぐりこみミレイ
↑寒がりときどき凶暴ミレイ様。手も足もしまっちゃうカワウソスタイル(笑)

12月の段階では、元気だったのですが、ちょっと気がかりなことが…。

最近のにゃんず

にゃんず近況です~♪

まずはミレイ様(♀、生後約1年5ヶ月)。漢字は美礼。
しまではなく、ヒョウ柄みたいなドットが綺麗な女王様。
ビビリで、寒がりで、気まぐれで、暴君(笑)キレると怖いです。お風呂好き。
人間の可聴域ではない周波数の蚊の鳴くような声で鳴きます。
毛並みがベルベットの様で、触り心地サイコー。母の膝の上が玉座である(爆)
布類におしっこをしてしまうのが難点。

ミレイ様
 ↑ねむねむモード中。携帯にパンチを食らわそうとする図。

つづいて、俺様りおん君~。

りおんの怪我

先日、旦那と日帰りでふじてんにスキー&スノボしに行ってきたんですが、
帰宅してやたらニャーニャーお喋りなりおんを見てビックリ!!

右の前足が浮いてる!!??すごい痛そうだしっ!!(゜ロ゜)

大変だ~!ってことで夜間診療している動物病院をネットで検索。
いつも診て頂いてるムツゴロウな動物病院は夜間は診療していないので、
とりあえず一番近い病院へ飛んで行きました。

初診だし、診療時間終了ギリギリだしで、かなり無愛想な獣医でしたが、
レントゲンと触診でどうやら骨には異常は無いとのこと。…ほっ。
どうやらを痛めたのではないかということで、炎症止めの注射をされて終了。

…とまぁ、診察自体は問題は無いと思うのですが、ここから愚痴です…。
診察中りおんの首にカラーが巻かれていたんですが、レントゲン画像を見ているとき
りおんが「うー」とか「ぐー」とか変な声を出してて、おかしいなと思って見たら
首に巻かれたカラーが重くて目線が真下を向いてて、
診察台がストッパーになり喉が締め付けられてるじゃないの!!??
「首が絞まってる!」と急いで上を向かせましたが、私が気づかなければ
危うく窒息死する所でしたよ!しかもそれについてコメント無し!!(`Д´*)q

い…、医者ですよね?獣医なんですよね?
愛想はいらないかも知れないけど「すみません」くらい言って欲しかったなぁ。

私も旦那も「何か微妙な獣医だったね」という不信感で一致。
とりあえずりおんは骨折していないことが分かったのでその日は注射一本で帰宅し、
翌日いつも診てもらっているムツゴロウな動物病院へ連れて行きました。

衝撃

ミレイの避妊手術、1/13に入院し1/14に無事に退院いたしました~。
気になる手術も1センチにも満たない小さなおへそみたいな感じで、
本猫も気にならないのか舐めることも少なく、元気にしております♪
鼻のちょっと下のややピンクっぽい所がです。
ダマになってる透明テープはミレイが食べちゃいました。
食べても大丈夫なもので出来ているそうです。

頑張ったね~~♪偉い偉い。
傷跡チラリ
 「あーあ、こんなに刈られてお腹冷えちゃう」

…で、ミレイを迎えに行ったときに医者に言われたのが…。

獣医「やっぱり交配してたみたいですねぇ。発情の終わった状態の卵巣でした」
葉月「………( ゚Д゚ )ヘ?」
獣医「子宮が大きくなる前だったので、赤ちゃんまでは視認できませんでした(云々)」

ちょ、待っ…えええぇぇぇぇぇぇええっぇぇぇぇえぇ~~~~~!!!???∑(`□´/)/
こ、交配って…ジャイアンりおんと!!???うへぇぇぇぇぇぇええ!!
…THE・衝撃。うちの子に限って…のパターンです。

本当に妊娠していたかどうかはかなりあとにならないと分からないそうで、
『明らかに妊娠している』状態ではないですが、猫は交配してから排卵するので、
結果的に中絶みたいなことをしてしまったのかなぁと思うと心苦しいです。
受胎して子供が大きくなって『明らかに妊娠している』のなら産ませましたが、
そうではない場合は手術を続行していただくようにお願いしていたので、
これからの長い猫生、ミレイには健康で長生きしてもらおうと思います。